一覧リスト


    Smart Option
    <スマートオプション>


    24 Option
    <24オプション>


    Binary 88
    <バイナリー88>


    XE Markets
    <XEマーケット>


デイトレーダーと副業の関係


SmartOption (スマートオプション) ってどんな会社?

昨年末、海外バイナリーオプションプラットフォームであるSmartOption (スマートオプション) が始まりました。このサービスを提供しているのは日本人なので、ターゲットは日本市場であり、日本人の使い勝手を考えて作ってあります。またいわゆる金儲けのタグイがウェブ上に氾濫していますが、この業者を狙っているところが多いと言われています。

サポート体制も万全で、東京の電話番号のサポートダイヤルにかければ、日本語のサポートをしてもらえます。

また、採用しているプラットフォームが24OptionやOptionfairとは異なるため、サービスも独特なものになっています。もちろん、FX 初心者でも使い方はラクラクなので安心してください。

SmartOption (スマートオプション) の取引ルールについて

情報ポータルFXBEINGさんで仕入れた情報によると、SmartOption (スマートオプション) の取引ルールはいたってシンプル。日本の他業者をご存知の方ならなじみやすいでしょう。

提供しているのは、高低オプション(FXトレードフィナンシャルと同じように、購入時に比べて判定時間の価格がどうなるかを予測するもの)とワンタッチ(あらかじめ指定した額に対し、期限までに上回るか下回るかすると払い戻しがあるもの)です。

・オプションビルダーで、自分だけのバイナリーオプションを作れる

投資対象とする銘柄や投資額、期限、保険について、自分で設定することができます。原油価格を例にとると、3時間後に価格が上昇すると予想したら、メニューから「原油」を選択し、期限時間を設定して、CallかUpを選択するのです。

さらに、リスクを分散したければ、30%の保険を付け、リターン率は55%にするなど、細かな設定を行うことで、ハイリスクな取引も安心して行えます。

・ロールオーバーやダブルアップもできる

ロールオーバーやダブルアップができるのも、SmartOption (スマートオプション)の特長です。

ロールオーバーとは、オプションで負けが予想される場合、満期時間を延長できるという操作です。同じ条件でもう一度勝負できると考えてください。ただし、これができるのは1回だけです。一方、ダブルアップとは、投資金額を増やしてオプションへ再投資することで、オプションの条件は元と同じとなります。

負けそうな時はロールオーバー、勝ちそうな時はダブルアップと使い分けることで、勝率アップを狙うことができます。

例示している画面では、PUTで予想し、2万円を投資しています。予想が当たったら35400円のペイアウトが発生することになります。

購入時点から、予想通りに相場が下落していったため、ダブルアップで投資金額を追加して勝負に出るのです。 このようにバイナリーには独特な決まりごとが色々あり、FX比較には出てこないようなものもたくさんあります。