一覧リスト


    Smart Option
    <スマートオプション>


    24 Option
    <24オプション>


    Binary 88
    <バイナリー88>


    XE Markets
    <XEマーケット>


通貨と投資について考えてみよう


現代の世界は、航空路、航海路の発達により、各国間の移動、移送が非常に簡単になりました。
それに伴い異国間の商売も増え、通貨の異なる企業同士のやり取りも活発になってきました。こうした場合の決済には為替取引が用いられ、両国の通貨間の価値の差をすり合わせるために、その交換比率をそれぞれに決定しています。
これがいわゆる為替レートと呼ばれるもので、外国為替市場にて休むことなく取り引きが行われていますが、この為替レートはそれぞれの国の国内情勢や経済指標、通貨政策などが複雑に絡み合い、刻々と変動をつづけています。
この外国為替市場は、外為市場(がいためしじょう)と呼ばれることもあり、多くの銀行や企業、証券会社などが取り引きを行っているのです。

為替レートの変動は通貨ごと、その組み合わせごとに様々ですが、なじみの深い円を例にとって考えてみましょう。
ニュースなどでよく耳にする円相場という言葉がありますが、これは円と外貨、つまり米ドルやユーロなど他の地域や国で流通している通貨との価値を表しているものです。
円の価値が高くなれば、相対的に外貨の価値は低くなり、逆に円の価値が安くなれば、相対的に外貨の価値は高くなります。これをそれぞれ円高ドル安、円安ドル高などと言い表しているのです。
実際に数字を出して示すと、1ドル=100円の相場が変動して1ドル=90円になった場合、100ドルする商品を10000円で買っていたものが、同じ商品を9000円で買えるようになるのです。これがいわゆる円高ドル安で、円の価値が高くなり、ドルの価値が相対的に低くなったことになるのです。

この現象を引き起こす為替レートは、常に変動をしています。
価値が低くなっている外貨を買っておき、その価値が上がったときに売却をすれば、その価格差を利益として得ることが出来ます。
また価値が同じことをしようとして、その価値がさらに下がってしまうと、その価格差は損失として被ってしまいます。
これは為替差益、為替差損と呼ばれ、外国為替取引で投資していく上での基本的な考え方になります。

この特徴を利用して投資取引を行う金融商品として有名なものに、FXやForex(フォーレックス)、日本語では外国為替証拠金取引を呼ばれるものがあります。
日本国内でも高い人気を持っていて、この投資取引では、取引業者に預けた証拠金を担保にして、投資金額の何十倍ものお金を借りて投資を行うことが出来ます。
この仕組みをレバレッジと言いますが、日本国内では規制によって最大25倍までのレバレッジとなっています。
日本の規制を受けない海外のFX取引業者ではレバレッジは大きく設定されていて、おおよそ数百倍もの倍率も設定可能なのです。
現在では、海外の取引業者も日本語対応化が進んでおり、日本語サイトや日本語のカスタマーサポートも充実しています。
FXで大きな儲けを出すためには、やはり高倍率のレバレッジは欠かせませんので、そういう見地からは、海外のFX取引業者を使うのも良い投資運用の方法だと言えるでしょう。