一覧リスト


    Smart Option
    <スマートオプション>


    24 Option
    <24オプション>


    Binary 88
    <バイナリー88>


    XE Markets
    <XEマーケット>


FX取引においてのキーワード解説


FX取引に欠かせない単語を、FX取引の仕組とともに解説していきます。

■「買いポジション」「売りポジション」

通貨取引には、いくつもの独自用語が存在します。
その用語のせいで「FXは難しい」と苦手意識を抱いている方も多いはず。

そこでFXの基本用語について簡単に説明していきたいと思います。

まず覚えていただきたいのは「ポジション」という言葉。
これは、通貨の持ち高(残高)という意味です。

取引のために通貨を(注文)保有することを「ポジションを建てる・持つ」と言い、「買いポジション/売りポジション を建てた・持った」などと使います。

ドルを1000通貨(1000ドル)購入したなら…
「1000ドルの買いポジションを持った」と表現されるわけです。

では次に、肝心の取引注文「買いポジション/売りポジション」について見ていきましょう。

まず「買いポジションを持つ」とは、外貨を買って保有している状態のこと。
「値上がりしたら売却(決済)する」という目的で、この先の値上がりが予想される通貨を買う取引です。安いときに買い、のちに値上がりしたところで上手く売る(決済する)ことができれば、差益を手にすることができます。

反対に、ある通貨の値下がりが予想されるときに効果を発揮するのが「売りポジション」。
こちらは、値段がまだ高い段階で対象通貨を売り、予想通り値下がりした時点で決済・安く買戻すことで差益を稼ぐ手法です。

例えば…
ドル円の為替レートが1ドル=100円と仮定しましょう。
ドルが高くなると予想できる時には「買いポジション」を持ちます。
予想があたり1ドル=110円になれば、1ドルあたり10円の利益を手にする計算です。
なお、この際、予想が外れ1ドル=90円になったとしたら、1ドルにつき10円の損失を抱えることになります。

■「1万通貨」「1Lot」

FX取引で良く見聞きする「○○通貨単位」という表現。
これは、そもそもどういう意味なのでしょうか。

まず通貨単位とは、各国の貨幣額をあらわすために使用される単位のことで、「円」や「ドル」がこれにあたります。

そのため、1万通貨とは、ドルなら1万ドル、ユーロなら1万ユーロ…ということ。
1万通貨単位で対ドル取引をするとなれば、(1ドル=100円と仮定すると)1万ドル×100円で100万円の資金を投資することになるわけです。

なお、最低取引単位はFX業者によって異なりますが、1000通貨単位・1万通貨単位での取引が基本となります。

すると…
「えぇっ!? それじゃあ100万円を超える纏まったお金を用意しないとまともに取引できないの!?」と驚かれた方もあるかもしれませんが、そこはご安心ください。

FXには「レバレッジ」という仕組が存在します。
「レバレッジ」とは、振り込んだ証拠金を担保に、手持ち資金の何倍もの資金運用を可能にする仕組みのこと。
日本のFX業者では、最大25倍までレバレッジをかけることが認められています。
これは要するに、手持ち資金の25倍のお金を運用できるという意味。
そのため、1万ドルの購入に100万円が必要だとしても、レバレッジ25倍で取引すれば、最低限4万円(100÷25)を用意するだけで取引に参加できる計算になります。

ちなみに海外には、最大400倍や800倍といった桁外れに大きな値のレバレッジをかけることができるFX業者まで存在するんですよ。


■「成行注文」

成行注文とは、あえて価格指定をせず、為替レートの動きにまかせて発注する注文方法。
売買が成立しやすいことから“今の・この値で注文したい”といったときに便利な方法です。

ただ、価格を指定しないこの方法では、相場が乱高下しているようなシーンでは、注文のタイミングと成立のタイミングにズレが生じると、希望値とはまったく異なる値段で取引が成立してしまう恐れもあります。
とはいえ、先述通り成行注文は、リアルタイムでスピーディーに取引をするうえでは非常に有効な方法。上手く希望通りのタイミングで取引が成立すれば効率よく利益が得られます。